記録

早田ひな選手の大会出場記録(戦績)

早田ひな選手が出場した、2021年以降の国際大会、国内大会の一覧(戦績)です。Tリーグ(個人戦以外)については2022年9月以降を対象としています。各大会を時系列に並べていますが、Tリーグ(個人戦以外)は別枠でひとまとめにしています。

 

*アイキャッチ画像はこちらの記事からの引用です。

2021年

2021年全日本選手権大会(1月11日から17日)

2021年の全日本選手権大会は、コロナ禍によりダブルス競技を中止、シングルスのみ、無観客で開催されました。早田ひな選手は2020年の初優勝に続く連覇を目指していたはずですが、準決勝で伊藤美誠選手にフルゲームの末敗れてしまいました。

伊藤選手とは3年連続で準決勝での対戦となりました。この試合、実力は拮抗していて、十分勝てる内容だったので残念でした。

WTTコンテンダードーハ2021(2月28日から3月6日)

WTTシリーズとして開催された最初の大会です。東京オリンピック開催まで半年を切っていたこともあり、早田ひな選手が出場したのはシングルスとダブルスのみ、そしてダブルスは木原美悠選手とのペアリングでした。混合ダブルスには出場していません。

シングルスは決勝で伊藤美誠選手に負けて準優勝でした。ダブルスはかすみうペアに負けてベスト4でした。

WTTスターコンテンダードーハ2021(3月5日から13日)

早田ひな選手はコンテンダードーハに続いてシングルスとダブルスのみに出場、ダブルスは木原美悠選手とのペアリングでした。

シングルスは準決勝でフォン・ティエンウェイ選手に負けてベスト4でした。決勝まで勝ち進んで伊藤美誠選手と再戦したかったですね。みゆうひなペアのダブルスは(またしても)かすみうペアに負けてベスト4でした。

2021アジア卓球選手権ドーハ大会 日本代表選考合宿(6月17日、18日)

優勝してアジア選手権大会の代表権を得ました。アジア選手権大会のシングルス枠は2つしか残っておらず、この選考合宿で優勝した意味は大きかったです。が、実際には伊藤美誠選手、石川佳純選手、平野美宇選手は揃ってアジア卓球選手権ドーハ大会への出場を回避したため、この選考会の上位5名が出場することになりました。

そしてその5名の選手が、3ヶ月後にアジア卓球選手権に出場し、素晴らしい結果を残しました。

世界卓球2021ヒューストン大会 日本代表選考合宿(8月31日から9月2日)

米国ヒューストンで開催される世界卓球選手権の出場枠は5名ですが、うち3名は東京オリンピックに出場した選手が決まっていました。残り2枠を選考会で競うことになりました。

早田ひな選手は厳しい選考会を戦い抜いて1位通過し、(自身初となる)世界卓球シングルスへの出場権を獲得しました。

WTTスターコンテンダードーハ2021Ⅱ(9月20日から25日)

シングルスは苦しい戦いに勝って優勝しました。これにより獲得した600ポイントは2022年の戦いを優位に進めるのに大きく寄与しました。

混合ダブルスは戸上隼輔選手と初めて組んだとがひなペアで初優勝し、今大会2冠を達成しました。

2021年アジア選手権大会(9月28日から10月5日)

中国が参加を見送ったことから、他の強豪国が優勝を狙えるまたとないチャンスとなりました。日本女子は東京オリンピック組が不在であったにも関わらず、47年ぶりの団体戦優勝を手にし、層の厚さを示しました。

早田ひな選手はシングルス、混合ダブルスでも優勝し、3冠を達成しました。

世界卓球2021ヒューストン大会(11月23日から29日)

シングルスは王芸迪選手に負けてベスト8と、中国選手の層の厚さを再認識する結果になりました。みまひなペアのダブルス、はりひなペアの混合ダブルスは銀メダルを獲得し、とても収穫の多い大会でした。

WTTカップファイナルズ2021(12月4日から7日)

準決勝で孫穎莎選手に負けてベスト4でしたが、WTTシリーズで2番目の上位大会なので525ポイントを獲得しました。これは2022年の戦いを有利に進める上で大いに役立ちました。孫穎莎選手との実力差は大きいわけですが、足りないものに加えて通用する技術が多くあることも認識できた、素晴らしい大会になりました。

2022年

2022年全日本選手権大会(1月24日から30日)

シングルスは準決勝で加藤美優選手との死闘を制して2年ぶりの決勝に進みましたが、決勝戦で伊藤美誠選手に完敗して準優勝でした。みまひなペアのダブルス、はりひなペアの混合ダブルスは優勝でした。伊藤美誠選手に3冠達成を阻止された形になりました。

第1回パリオリンピック選考会(3月5日、6日)

石川佳純選手との激闘、長崎美柚選手との死闘に勝利して優勝しました。その結果、世界卓球選手権(団体戦)、アジア競技大会シングルスへの出場資格を獲得しました。

シンガポールスマッシュ2022(3月7日から20日)

シングルスは孫穎莎選手に負けてベスト8でした。みまひなペアのダブルスは、孫穎莎/王曼昱ペアに負けて準優勝でした。はりひなペアの混合ダブルスは、香港ペアに負けて悔しいベスト8でした。

WTTコンテンダーザグレブ2022(6月13日から19日)

シングルスは平野美宇選手に負けてベスト16と、悔しさの残る大会になりました。みまひなペアのダブルス、はりひなペアの混合ダブルスは優勝でした。

WTTスターコンテンダーESS2022(7月11日から17日)

シングルスは孫穎莎選手に負けてベスト8でしたが、平野美宇選手にリベンジできたなど収穫の多い大会だったはずです。

みまひなペアのダブルスは、孫穎莎/王曼昱ペアに負けて準優勝でした。はりひなペアの混合ダブルスは、王楚欽/王曼昱ペアに負けて準優勝でした。

WTTチャンピオンズESS2022(7月18日から23日)

WTTチャンピオンズは世界ランクの上位30名を対象にした招待制の大会です。

準々決勝で陳夢選手にあと一歩及ばずベスト8でした。

TリーグNOJIMA CUP 2022(8月13日、14日)

木原美悠選手、平野美宇選手に勝って優勝し初代女王になり、パリオリンピック選考レースをリードする最高の大会になりました。

第2回パリオリンピック選考会(9月3日、4日)

準決勝で伊藤美誠選手に敗れ、3位決定戦で長﨑美柚選手に勝ち、結果3位でした。

WTTコンテンダーアルマトイ2022(9月12日から18日)

早田ひな選手はトップシードで、コンテンダーの開催数が少ない中、出場メンバー的にも優勝するしかない大会でした。そして期待通り、シングルスとダブルスで優勝して2冠を達成しました。

世界卓球2022成都大会(9月30日から10月9日)

日本女子チームは期待通り決勝まで進んで世界最強の中国チームと対戦しましたが、ストレートで負けて準優勝(銀メダル)でした。

早田ひな選手は万全の状態でなかったことに加え、準決勝のドイツ戦で左腕を痛めてしまい決勝戦を欠場するという残念な結果となりました。

第3回パリオリンピック選考会(11月12日、13日)

早田ひな選手は10月上旬に左腕を故障してしまい、治療のための休養に入りました。第3回パリオリンピック選考会に間に合わせることを目標にしていたのですが、元気に復帰して準優勝できました。間に合って本当に良かったです。

決勝で平野美宇選手に敗れて準優勝でしたが、ケガによる休養明けであったことを考えれば十分すぎる結果です。

アジアカップ2022(11月17日から19日)

早田ひな選手は10月上旬に左腕を故障してしまい、治療のための休養に入りました。目標だった第3回パリオリンピック選考会での復帰を果たし、その翌週に開催されたアジアカップにも元気に出場しました。

準決勝で王芸迪選手に敗れ、3位決定戦でマニカ・バトラー選手に敗れて4位でしたが成果は十分で、何よりケガなく終えられて良かったです。

2022年の試合を終えて

2022年最後の試合はTリーグの京都カグヤライズ戦でした。チームも早田ひな選手も負けてしまったのですが、インスタグラムストーリーズで次のように語っていました。

  • ユアン選手に負けてしまい悔しい気持ちもありますが、練習してきたことがたくさん出せて、内容としては良かったなと思える試合でした。
  • 勝ち負けにこだわることも大事だけど、試合の中で挑戦していく気持ちが大事だと思いました。
  • 今日の負けは自分の卓球をより突き詰め、幅を広げていくきっかけになりそうな気がしました。
  • 来年はアジア大陸予選会から試合がスタートします。周りの方々のサポートを力に変えて1歩ずつ進んで行きます。
  • 今年1年ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

2023年

アジア大陸予選会2023(1月7日から13日)

2023年5月に開催される世界卓球選手権(個人戦)に、アジア地区から出場する選手の枠を決める予選会が「アジア大陸予選会」です。

シングルス、ダブルス(みまひなペア)、混合ダブルス(はりひなペア)の3種目で、世界卓球2023ダーバン大会(個人戦)への出場権を獲得しました。

2023年全日本選手権大会(1月23日から29日)

シングルス、伊藤美誠選手とのダブルス、張本智和選手との混合ダブルスの3種目で優勝(3冠達成)する最高の大会となりました。

WTTスターコンテンダーゴア2023(2月27日から3月5日)

シングルスはR32で鄭怡静選手に完敗、混合ダブルスは張禹珍/田志希ペアに準決勝で惜敗と、非常に悔しい大会になりました。特にシングルスは近年では(スコア的に)一番弱く、対人競技で負けることもあるとは分かっていてもショックが大きかったです

シンガポールスマッシュ2023(3月7日から19日)

シングルスはR32で好調のスターシニー選手に対し、早田ひな選手は明らかに調整不足でミスが多く、らしくない負け方をしてしまいました。みまひなペアのダブルスは陳夢/王芸迪ペアに負けてベスト4でした。はりひなペアの混合ダブルスは世界最強ペアに負けて準優勝でした。

WTTチャンピオンズシンシャン2023(4月9日から15日)

準々決勝で陳夢選手をあと一歩のところまで追い詰めましたが、フルゲーム・デュースの末に負けてしまいました。それでも、早田選手が「人生の中で一番中国人選手といい試合ができた」と言うように収穫の多い大会でした。

WTTチャンピオンズマカオ2023(4月17日から23日)

前大会から好調を維持しており、準々決勝での陳夢選手との再戦には期待が持てたものの、陳夢選手が強すぎました。早田選手への対策が完璧で、1週間でここまで変わるものかと中国ナショナルチームの怖さを実感しました。

第4回パリオリンピック選考会(5月6日、7日)

R16敗退の危機(マッチポイント8回)をしのいで勝ち上がり、決勝で張本美和選手に勝って優勝しました。

世界卓球2023ダーバン大会(個人戦、5月20日から28日)

シングルスの準々決勝で王芸迪選手との死闘を制して銅メダルを獲得する「歴史的快挙」を成し遂げました。ダブルスはベスト8、混合ダブルスは準優勝でした。

またパリオリンピック選考ポイントを135加算し、独走体制をより強固なものにしました。

TリーグNOJIMA CUP 2023(6月17日、18日)

準決勝で伊藤美誠選手に敗れ、3位決定戦で大藤沙月選手に勝利して結果3位でした。

WTTコンテンダーザグレブ2023(6月26日から7月2日)

準決勝で孫穎莎に敗れてベスト4でした。優勝したのは平野美宇選手でした。

WTTスターコンテンダーリュブリャナ2023(7月3日から9日)

準々決勝で孫穎莎選手と対戦しましたが、フルゲーム9-11で惜敗し、ベスト8でした。孫穎莎選手に負けましたが、過去一番勝利に近づけた試合でした。

第5回パリオリンピック選考会(7月22日、23日)

決勝で天敵の伊藤美誠選手に勝って優勝しました。伊藤美誠対策が完璧でした。

WTTコンテンダーリオデジャネイロ2023(8月7日から13日)

早田ひな選手はWTT推薦枠でエントリーして第1シードでした。日本人女子で出場したのは早田ひな選手だけで、また中国人選手は出場しませんでした。

優勝が求められる、プレッシャーのかかる大会で見事優勝しました。

2023年アジア選手権大会(9月3日から10日)

総じて、中国の強さを実感させられる大会になりました。団体戦、シングルス、混合ダブルスの全てで中国に負けてしまいました。特に孫穎莎選手の強さは異次元でした。

特に団体戦とシングルスの2試合で孫穎莎に実力差を見せつけられたのは、収穫もあったとは言え、厳しいですね。

2022年アジア競技大会(9月22日から10月2日)

シングルスは準々決勝で鄭怡静選手に苦しめられながらも勝利し、準決勝で王芸迪選手との激闘を制して決勝に進出しましたが、またしても孫穎莎選手に力の差を見せつけられて準優勝(銀メダル)でした。それでも王芸迪選手を倒しての準優勝は素晴らしいです。

団体戦は中国に負けて準優勝、はりひなペアの混合ダブルスはベスト8でした。

WTTスターコンテンダー蘭州2023(10月2日から8日)

シングルスはR32で劉煒珊選手に負けてしまい、ベスト32という悔しい結果でした。最後まで劉煒珊選手のボールに対応できず、今後に向けて大きな課題を残しました。標高1,500mが影響したのかも知れません。

混合ダブルスはペアの調子が万全でない中、決勝で中国若手ペアに惜敗したものの、絶対に負けたくない韓国最強ペアに準決勝で勝ち切ったことで、最低限の目標はクリアできました。

WTTコンテンダーマスカット2023(10月8日から14日)

シングルスはR16敗退の危機を乗り越えてから復調し、田志希選手、長﨑美柚選手、ディアス選手を倒して優勝しました。

混合ダブルスは優勝が期待されましたが、本来の調子からは程遠く、準々決勝で松島/張本ペアに力なく負けてしまいベスト8でした。その松島/張本ペアは準優勝でした。

WTTコンテンダーアンタルヤ2023(10月16日から22日)

シングルスはスターシニー選手、長﨑美柚選手を倒したオラワン選手、張本美和選手、ハン・イン選手に勝利して優勝しました。

混合ダブルスは第2試合途中から復調してペア本来の動きを取り戻し、苦しみながらも優勝しました。

WTTチャンピオンズフランクフルト2023(10月29日から11月5日)

準々決勝で、陳夢選手を倒して勝ち上がってきたセーチ選手にフルゲームで勝利して準決勝に進みましたが、王曼昱選手に実力差を見せつけられる形で完敗し、結果ベスト4でした。

第6回パリオリンピック選考会(11月25日、26日)

決勝で張本美和選手に敗れて準優勝でした。

混合団体ワールドカップ2023(12月4日から10日)

日本チームは中国、韓国に敗れて3位(銅メダル)でした。

WTT女子ファイナルズ名古屋2023(12月15日から17日)

初戦で陳夢選手と当たり、2-1と先行したものの逆転され、惜しくも2-3で負けてしまい、ベスト16でした。

2023年の試合を終えて

  • 2023年最後の試合はTリーグのトップ名古屋戦で、VMで横井咲桜選手に惜しくも負けてしまいました。この敗戦を糧にまた大きく成長できるはずです。
  • 2023年は全日本選手権大会で3冠達成、世界卓球ダーバン大会で王芸迪選手との卓球史に残る激闘を制して銅メダル獲得、アジア競技大会で王芸迪選手を倒して銀メダル獲得、パリオリンピック選考会第4回から第6回は優勝、優勝、準優勝としっかり結果を残せました。
  • 一方で早いラウンドであっさり負けてしまった大会、優勝したものの仕上がりが悪くて早期敗退の危機にあった大会もあり、課題も多く見つかった年でした。
  • 第6回選考会の前に、事実上1位通過でシングルス代表権獲得を確定させられており、余裕を持って練習に取り組めて良かったです。

2024年

WTTスターコンテンダードーハ2024(1月8日から13日)

シングルスと混合ダブルスにエントリーしましたが、ともに準々決勝で敗れてベスト8でした。孫穎莎選手にフルゲーム9-11で惜敗しましたが、世界女王との差が縮まってきたことを実感できた大会でした。

2024年全日本選手権大会(1月22日から28日)

シングルスのみに出場し、昨年に続いて優勝して2連覇を達成しました。決勝で対戦したのは、第6回パリオリンピック選考会の決勝で負けていた張本美和選手でした。

世界卓球2024釜山大会(団体戦、2月16日から25日)

決勝で中国に2-3で敗れて準優勝(銀メダル)でしたが、あと一歩のところまで追い詰めることができました。また早田ひな選手はこれまで一度も勝てていなかった陳夢選手に勝つことができました。

シンガポールスマッシュ2024(3月10日から17日)

シングルスはドロー運が悪くR64(初戦)で平野美宇選手に当たり、コンディションが100%でなかったこともあってストレートで負けてしまいました。

混合ダブルスは状態を上げて準決勝に進みましたが、韓国最強ペアに負けてベスト4でした。オリンピックの第2シード確保に赤信号点灯です。オリンピックのシード確定まで、ポイント付与対象の混合ダブルスには出続けるしかないですね。また、相応の練習をしないといけません。

WTTチャンピオンズ仁川2024(3月27日から31日)

R32敗退の危機を乗り越えて準々決勝に進出しましたが、強すぎる孫穎莎選手に屈してベスト8でした。孫穎莎選手に勝つにはまだまだ足りないところが多いことを痛感させられる結果でしたが、得るものがたくさんあった大会でした。

ワールドカップマカオ2024(個人戦、4月15日から21日)

強い申裕斌選手との激戦を制して準々決勝に進みましたが、王曼昱選手に負けてベスト8でした。

王曼昱選手には、半年前のWTTチャンピオンズフランクフルト2023で完敗でした。今回も勝てませんでしたが、試合内容ははるかに良くなっており、努力の方向性が間違っていないことを改めて証明しました。

その後の予定

戦績一覧表

年月大会名称シングルスダブルス混合ダブルス団体戦WRポイント選考ポイント大会種別
2021年1月2021年全日本選手権大会ベスト4全日本選手権大会
2021年2月WTTコンテンダードーハ2021準優勝みゆうひなペア:ベスト4280コンテンダー
2021年3月WTTスターコンテンダードーハ2021ベスト8みゆうひなペア:ベスト4105スターコンテンダー
2021年6月2021アジア卓球選手権ドーハ大会 日本代表選考合宿優勝代表選考合宿
2021年8月2021世界卓球選手権ヒューストン大会 日本代表選考合宿優勝代表選考合宿
2021年9月WTTスターコンテンダードーハ2021Ⅱ優勝とがひなペア:優勝600スターコンテンダー
2021年9月2021年アジア選手権大会優勝とがひなペア:優勝優勝500アジア選手権大会
2021年11月世界卓球2021ヒューストン大会ベスト8みまひなペア:準優勝はりひなペア:準優勝175世界卓球(個人戦)
2021年12月WTTカップファイナルズ2021ベスト4525カップファイナルズ
2022年1月2022年全日本選手権大会準優勝みまひなペア:優勝はりひなペア:優勝全日本選手権大会
2022年3月第1回パリオリンピック選考会優勝50パリオリンピック選考会
2022年3月シンガポールスマッシュ2022ベスト8みまひなペア:準優勝はりひなペア:準優勝350スマッシュ
2022年6月WTTコンテンダーザグレブ2022ベスト16みまひなペア:優勝はりひなペア:優勝35コンテンダー
2022年7月WTTスターコンテンダーESS2022ベスト8みまひなペア:準優勝はりひなペア:準優勝105スターコンテンダー
2022年7月WTTチャンピオンズESS2022ベスト8175チャンピオンズ
2022年8月TリーグNOJIMA CUP 2022優勝25
Tリーグ個人戦
2022年9月第2回パリオリンピック選考会3位40パリオリンピック選考会
2022年9月WTTコンテンダーアルマトイ2022優勝みうひなペア:優勝400コンテンダー
2022年10月世界卓球2022選手権成都大会準優勝世界卓球(団体戦)
2022年11月第3回パリオリンピック選考会準優勝45パリオリンピック選考会
2022年11月アジアカップ20224位175アジアカップ
2023年1月アジア大陸予選会2023予選通過みまひなペア:予選通過はりひなペア:予選通過アジア大陸予選会
2023年1月2023年全日本選手権大会優勝みまひなペア:優勝はりひなペア:優勝60全日本選手権大会
2023年2月WTTスターコンテンダーゴア2023ベスト32はりひなペア:ベスト425スターコンテンダー
2023年3月シンガポールスマッシュ2023ベスト32みまひなペア:ベスト4はりひなペア:準優勝90グランドスマッシュ
2023年4月WTTチャンピオンズシンシャン2023ベスト8175チャンピオンズ
2023年4月WTTチャンピオンズマカオ2023ベスト8175チャンピオンズ
2023年5月第4回パリオリンピック選考会(2023全農CUP平塚大会)優勝100パリオリンピック選考会
2023年5月世界卓球2023ダーバン大会ベスト4みまひなペア:ベスト8はりひなペア:準優勝700135世界卓球(個人戦)
2023年6月TリーグNOJIMA CUP 20233位30Tリーグ個人戦
2023年6月WTTコンテンダーザグレブ2023ベスト4140コンテンダー
2023年7月WTTスターコンテンダーリュブリャナベスト8105スターコンテンダー
2023年7月第5回パリオリンピック選考会(2023全農CUP東京大会)優勝100パリオリンピック選考会
2023年8月WTTコンテンダーリオデジャネイロ2023優勝400コンテンダー
2023年9月2023年アジア選手権大会ベスト8はりひなペア:ベスト8
90アジア選手権大会
2023年9月2022年アジア競技大会準優勝はりひなペア:ベスト8
350アジア競技大会
2023年10月WTTスターコンテンダー蘭州2023ベスト32はりひなペア:準優勝
25スターコンテンダー
2023年10月WTTコンテンダーマスカット2023優勝はりひなペア:ベスト8400コンテンダー
2023年10月WTTコンテンダーアンタルヤ2023優勝はりひなペア:優勝400コンテンダー
2023年11月WTTチャンピオンズフランクフルト2023ベスト4350チャンピオンズ
2023年11月第6回パリオリンピック選考会(2023全農CUP大阪大会)準優勝90パリオリンピック選考会
2023年12月WTT女子ファイナルズ名古屋2023ベスト16100ファイナルズ
2024年1月WTTスターコンテンダードーハ2024ベスト8はりひなペア:ベスト8105
スターコンテンダー
2024年1月2024年全日本選手権大会優勝120全日本選手権大会
2024年2月世界卓球2024釜山大会準優勝243世界卓球(団体戦)
2024年3月シンガポールスマッシュ2024ベスト64はりひなペア:ベスト420グランドスマッシュ
2024年3月WTTチャンピオンズ仁川2024ベスト8175チャンピオンズ
2024年4月ワールドカップマカオ2024(個人戦)ベスト8265ワールドカップ(個人戦)

2020年以前のITTF主催の国際大会

WTT公式サイトにある、早田ひな選手が出場したITTF主催の国際大会(シングルスのみ)の一覧から抽出しました。

早田ひな選手は2014年(中学2年)から国際大会に積極的に出場しています。早田ひな選手は小学校4年から中学2年まで石田弘樹さん(石田卓球クラブの現代表)の指導を受けていました。中学3年になって海外遠征が増えてきた時に石田家三男の石田大輔さんが指導するようになりました。その後会社員を辞めて、早田ひな選手の専属コーチになったそうです。

YearEvent NameResultWinner
2014World Tour, Spanish Open, Almeria (ESP)R16WINTER Sabine (GER)
2014World Tour, Spanish Open, Almeria (ESP)U21 R16HIRANO Miu (JPN)
2014World Tour, Chile Open, Santiago (CHI)FinalMAEDA Miyu (JPN)
2014World Tour, Chile Open, Santiago (CHI)U21 QuarterFinalMATSUDAIRA Shiho (JPN)
2014World Tour, Philippines Open, Subic Bay (PHI)U21 QualificationSO Eka (JPN)
2014World Tour, Philippines Open, Subic Bay (PHI)QualificationLI Isabelle Siyun (SGP)
2014World Tour, Australia Open, Sydney (AUS)R16KOMWONG Nanthana (THA)
2014World Tour, Australia Open, Sydney (AUS)U21 QuarterFinalKATO Miyu (JPN)
2014ITTF Junior Circuit Premium China Junior and Cadet Open, Taicang (CHN)CGS FinalHAYATA Hina (JPN)
2014ITTF Junior Circuit Premium China Junior and Cadet Open, Taicang (CHN)JGS R16KIM Nam Hae (PRK)
2014ITTF Junior Circuit Premium China Junior and Cadet Open, Chengdu (CHN)JGS QuarterFinalMU Jingyu (CHN)
2014ITTF Junior Circuit Premium China Junior and Cadet Open, Chengdu (CHN)CGS FinalHAYATA Hina (JPN)
2014World Tour, Czech Open, Olomouc (CZE)U21 QuarterFinalPOLCANOVA Sofia (AUT)
2014World Tour, Czech Open, Olomouc (CZE)QualificationLAM Yee Lok (HKG)
2014World Tour, Russian Open, Ekaterinburg (RUS)SemiFinalISHIKAWA Kasumi (JPN)
2014World Tour, Russian Open, Ekaterinburg (RUS)U21 QuarterFinalHIRANO Miu (JPN)
2015GAC Group World Tour, German Open, Bremen (GER)Pre. Round 32DOO Hoi Kem (HKG)
2015GAC Group World Tour, German Open, Bremen (GER)U21 FinalSOLJA Petrissa (GER)
2015GAC Group World Tour, Belarus Open, Minsk (BLR)R32TIKHOMIROVA Anna (AIN)
2015GAC Group World Tour, Belarus Open, Minsk (BLR)U21 QuarterFinalMORI Sakura (JPN)
2015GAC Group World Tour, Croatia Open, Zagreb (CRO)R32ITO Mima (JPN)
2015GAC Group World Tour, Croatia Open, Zagreb (CRO)U21 QuarterFinalCHOI Hyojoo (KOR)
2015GAC Group World Tour, Philippines Open, Subic Bay (PHI)QuarterFinalISHIGAKI Yuka (JPN)
2015GAC Group World Tour, Philippines Open, Subic Bay (PHI)U21 FinalSATO Hitomi (JPN)
2015GAC Group World Tour, Australia Open, Gold Coast (AUS)QualificationMOON Hyunjung (KOR)
2015GAC Group World Tour, Australia Open, Gold Coast (AUS)U21 FinalSATO Hitomi (JPN)
2015GAC Group World Tour, Japan Open, Kobe (JPN)U21 QuarterFinalZENG Jian (SGP)
2015GAC Group World Tour, Japan Open, Kobe (JPN)Pre. Round 64CHOI Jeongmin (KOR)
2015GAC Group World Tour, Korea Open, Incheon (KOR)R32CHOI Hyojoo (KOR)
2015GAC Group World Tour, Korea Open, Incheon (KOR)U21 QuarterFinalSO Eka (JPN)
2015GAC Group World Tour, Czech Open, Olomouc (CZE)R64SAMARA Elizabeta (ROU)
2015GAC Group World Tour, Czech Open, Olomouc (CZE)U21 SemiFinalCHOI Hyojoo (KOR)
2015GAC Group World Tour, Austrian Open, Wels (AUT)R32YU Fu (POR)
2015GAC Group World Tour, Austrian Open, Wels (AUT)U21 SemiFinalSHAO Jieni (POR)
2015GAC Group World Tour, Polish Open, Warsaw (POL)U21 QuarterFinalHIRANO Miu (JPN)
2015GAC Group World Tour, Polish Open, Warsaw (POL)QualificationKUSINSKA Klaudia (POL)
2015GAC Group World Tour, Swedish Open, Stockholm (SWE)U21 SemiFinalHAMAMOTO Yui ^^ (AUT)
2015GAC Group World Tour, Swedish Open, Stockholm (SWE)Pre. Round 64ZHANG Lily (USA)
2016World Tour, Hungarian Open, Budapest (HUN)R64PERGEL Szandra (HUN)
2016World Tour, Hungarian Open, Budapest (HUN)U21 FinalKATO Miyu (JPN)
2016World Tour, German Open, Berlin (GER)U21 FinalHAMAMOTO Yui ^^ (AUT)
2016World Tour, German Open, Berlin (GER)Pre. Round 32CHEN Szu-Yu (TPE)"
2016World Tour, Kuwait Open, Kuwait City (KUW)U21 FinalHAYATA Hina (JPN)
2016World Tour, Kuwait Open, Kuwait City (KUW)Pre. Round 32PAVLOVICH Viktoria (AIN)
2016World Tour, Qatar Open, Doha (QAT)U21 FinalZENG Jian (SGP)
2016World Tour, Qatar Open, Doha (QAT)Pre. Round 32YU Mengyu (SGP)
2016World Tour, Polish Open, Warsaw (POL)R16LI Jiao (NED)
2016World Tour, Polish Open, Warsaw (POL)U21 QuarterFinalHAMAMOTO Yui ^^ (AUT)
2016World Tour, Australia Open, Melbourne (AUS)FinalHAYATA Hina (JPN)
2016World Tour, LAOX Japan Open, Tokyo (JPN)QuarterFinalDING Ning (CHN)
2016World Tour, LAOX Japan Open, Tokyo (JPN)U21 SemiFinalHAMAMOTO Yui ^^ (AUT)
2016World Tour, Korea Open, Incheon (KOR)QuarterFinalDING Ning (CHN)
2016World Tour, Korea Open, Incheon (KOR)U21 SemiFinalCHOI Hyojoo (KOR)
2016World Tour, China Open, Chengdu (CHN)R32LIN Chia-Hui (TPE)
2016World Tour, Austrian Open, Linz (AUT)R32MORIZONO Misaki (JPN)
2016World Tour, Swedish Open, Stockholm (SWE)R32MORIZONO Misaki (JPN)
2016World Junior Table Tennis Championships, Cape Town (RSA)JGS R32SUN Yizhen (CHN)
2016World Tour Grand Finals, Doha (QAT)R16CHENG I-Ching (TPE)
2016World Tour Grand Finals, Doha (QAT)U21 FinalHAYATA Hina (JPN)
2017World Tour, Korean Open, Incheon (KOR)QuarterFinalISHIKAWA Kasumi (JPN)
2017World Tour, China Open, Chengdu (CHN)R16LIU Shiwen (CHN)
2017World Tour, Australian Open, Gold Coast (AUS)R16CHEN Meng (CHN)
2017World Tour, Bulgaria Open, Panagyurishte (BUL)QuarterFinalHASHIMOTO Honoka (JPN)
2017World Tour, Czech Open, Olomouc (CZE)QuarterFinalHAMAMOTO Yui ^^ (AUT)
2017World Tour, Austrian Open, Linz (AUT)QuarterFinalGU Yuting (CHN)
2017World Tour, German Open, Magdeburg (GER)R16ITO Mima (JPN)
2017World Tour, Swedish Open, Stockholm (SWE)R32YU Mengyu (SGP)
2017ITTF Challenge Spanish Open, Almeria (ESP)FinalHAYATA Hina (JPN)
2017World Tour Grand Finals, Astana (KAZ)R16ZHU Yuling (CHN)
2018World Tour, Qatar Open, Doha (QAT)R16HIRANO Miu (JPN)
2018World Tour, German Open, Bremen (GER)R32WEN Jia (CHN)
2018World Tour, Hong Kong Open, Hong Kong (HKG)R32ZHANG Rui (CHN)
2018World Tour, China Open, Shenzhen (CHN)R16ITO Mima (JPN)
2018World Tour, Japan Open, Kitakyushu (JPN)R16MU Zi (CHN)
2018World Tour, Korean Open, Daejeon (KOR)QualificationSAHASRABUDHE Pooja (IND)
2018World Tour, Australian Open, Geelong (AUS)R32YANG Ha Eun (KOR)
2018World Tour, Bulgarian Open, Panagyurishte (BUL)R32LIU Xi (CHN)
2018World Tour, Czech Open, Olomouc (CZE)R32WU Yang (CHN)
2018World Tour, Swedish Open, Stockholm (SWE)R32CHEN Meng (CHN)
2018World Tour, Austrian Open, Linz (AUT)R32HIRANO Miu (JPN)
2019ITTF Challenge Plus Portugal Open, Lisbon (POR)FinalHAYATA Hina (JPN)
2019ITTF Challenge Plus Oman Open, Muscat (OMA)FinalHAYATA Hina (JPN)
2019ITTF World Tour Platinum Qatar Open, Doha (QAT)Pre. Round 32YOO Eunchong (KOR)
2019ITTF Challenge Serbia Open, Belgrade (SRB)FinalHAYATA Hina (JPN)
2019ITTF World Tour Platinum China Open, Shenzhen (CHN)Qualification QR32GU Yuting (CHN)
2019ITTF World Tour Platinum Japan Open, Sapporo (JPN)R32CHEN Meng (CHN)
2019ITTF World Tour Korea Open, Busan (KOR)R32LIU Shiwen (CHN)
2019ITTF World Tour Platinum Australian Open, Geelong (AUS)Pre. Round 64LI Jiayi (CHN)
2019ITTF World Tour Bulgarian Open, Panagyurishte (BUL)R16JEON Jihee (KOR)
2019ITTF World Tour Czech Open, Olomouc (CZE)R32ITO Mima (JPN)
2019ITTF Challenge Plus Paraguay Open, Asuncion (PAR)FinalHAYATA Hina (JPN)
2019ITTF World Tour Swedish Open, Stockholm (SWE)R32HIRANO Miu (JPN)
2019ITTF World Tour Platinum German Open, Bremen (GER)R32CHEN Xingtong (CHN)
2019ITTF Challenge Polish Open, Wladyslawowo (POL)QuarterFinalZHANG Qiang (CHN)
2019ITTF Challenge Belarus Open, Minsk (BLR)FinalHAYATA Hina (JPN)
2019ITTF World Tour Platinum Austrian Open, Linz (AUT)QuarterFinalQIAN Tianyi (CHN)
2019ITTF Challenge Plus Canada Open, Markham (CAN)R32GUO Yuhan (CHN)
2020ITTF World Tour Platinum German Open, Magdeburg (GER)R16DING Ning (CHN)

別形式の一覧表

エクセルにした表の画像です。3分割しています。早田ひな選手が優勝した大会はオレンジ色にしてあります。

表1表2表3

Tリーグ・リーグ戦

2022-2023シーズン

2023-2024シーズン

Tリーグ公式チャンネルにある早田ひな選手の動画集

YouTubeのTリーグ公式チャンネルが無料公開している試合動画の中から、早田ひな選手の動画をピックアップしました。

おまけ

このサイトでは早田ひな選手が出場した2021年以降の大会を網羅していますが、2020年以前の大会はこちらで取り上げています。

2020年全日本選手権大会

涙の初優勝を飾った2020年全日本選手権大会です。

2020 JAPANオールスタードリームマッチ

ファンサービスの一環として開催されたイベント「2020 JAPANオールスタードリームマッチ」です。

2020年以前の試合動画

早田ひな選手が2020年以前に出場した大会の動画リンク集です。

その他の記録

ダブルス・混合ダブルスペアの大会出場記録

みまひなペアの大会出場記録です。

みうひなペアの大会出場記録です。

はりひなペアの大会出場記録です。

とがひなペアの大会出場記録です。

シングルスで優勝した大会

生涯忘れられない試合

早田ひな選手推しの僕が生涯忘れることがないであろう試合をピックアップしました。もちろんあの王芸迪戦もあります。

関連記事

-記録

© 2024 早田ひなライブラリー